その他音楽のこと

女子ミュージシャンの名義のこと

昨晩、以下のようなツイートを落としました。女子が音楽やる際、アーティスト系の場合は芸名が下の名前のローマ字表記になりがちで、アイドルの場合はAKBの指原とか乃木坂の生駒とか元ももクロの有安とか、姓で呼ぶことを許容する文化がある点について、その…

mol-74のバンド名の読み方のこと

今日は更新しないつもりだったけど、昨日の疑問がおよそ解決したのでそれだけ。 mol-74が「もるかるまいなすななじゅうよん」になるのは、「mol」を単位記号と捉えた場合、その語源はドイツ語の「Molekul(uにはウムラウト付き)」だからではないかと。正確…

元SMAPの3人とかのこと

元SMAPの3人のabemaTVは最初の方だけ少し見ただけですが、さしたる段取りもないままただそこにいる人たちでカラオケをするという、初っ端からフジの27時間テレビの夜中3時くらいのテンションで笑った。 これだけ前宣伝しての頭からこれっていうのは一体何な…

JRAのCMと「レコードの日」のこと

今年のJRAのCMのキャスティングからは「もうおっさんは呼ばなくても来るんで、若者来てくれませんか。楽しいですよ。」という当事者の心の叫びが聞こえてくる感じでここまで来ているのですが、この期に及んでアピールの方向を決定的に間違えている。 かとい…

ユニコーンとおとといフライデーとトリプルファイヤーのこと

ユニコーンの全曲集は、メンバー交代ほとんどないしレーベルもずっと同じだしこの手の企画の中では相当に作りやすかったとは思うのですが、ただ一点、1stアルバム時の正式メンバーで唯一の「元メンバー」であるエビの元嫁については、そこにもきちんと話を通…

女性ミュージシャンの結婚による名義変更のこと

ユーミンは「活動中に結婚して旦那の姓を名乗り直して活動を続けた」という、よく考えてみたらこの業界ではなかなかに稀有なことを行っている方でありまして。言ってみれば途中で看板架け替えるわけですから、勇気いると思います。 まあ、新しい姓の方が看板…

リアルタイムで洋楽を聴くこと

そういうわけで、60-70年代レジェンド史観で見れば散々だった我々ですが、思春期越えてからを思い返した場合、ちょうど大学生やってるあたりの時期に、ハウスが来てマンチェスターが来てシューゲイザーが来てテクノが来てグランジが来てメロコアが来て、とい…

ヤなことそっとミュート「STAMP」と厄介ロックおじさんのこと

ヤなことそっとミュート / STAMP (EP)CDのリリースは8月になってからですが、既に配信ではライブ音源のボーナストラック入りで出ているのでそっちで。 notallがCDをタダで配り始めたり、これまではひたすらに接触イベント付きの予約会でCD売上を積むことだけ…

歌詞のパンチラインのこと

モーニング娘。の「ザ☆ピ〜ス!」の「選挙の日って ウチじゃなぜか 投票行って 外食するんだ」という歌詞は、1990年代以降のJ-POPにおいて最強のパンチラインのひとつではないかと思うのです。 私も先達に倣って今日は朝投票に行った後、ガストでモーニング…

何でギターが上手でベースが下手になりがちなのかという話

バンドの配置は何でギターが上手(かみて)でベースが下手(しもて)が多めなのか問題。VIVA LA ROCKで散々いろんなバンド観て、Theピーズ観て、BAND-MAID観て、チャットモンチー観て、やっぱりギターが圧倒的に上手でベースが下手にいるのですよ。いや、常…

堀江貴文プロデュースアイドル炎上のこと

堀江貴文さん、プロデュースしていたアイドルのサイトのソース盗用についてツイート「俺もむしろ被害者」どう考えても本件でホリエモンに噛み付いている方々は無理筋だと思うんですけど、でもホリエモンももう少し気の利いた言いようがあるんじゃないかと思…

TMのアルバムの印刷ミスのこと

TM NETWORK「GET WILD SONG MAFIA」商品に関するお詫びと良品交換お申し込み特設サイトのご案内やっちまった。こういう企画もので一番やりがちだけど一番やっちゃいけないヤツ。 紙の校正でもただの文章と説明書とでは随分と観点が異なるという話は聞きます…

flumpoolのツイートのこと

今flumpoolさんがぷいぷいで「武道館は今アイドルさんが簡単に武道館でライブなどを出来しまってるのでバンドでもう一度その価値を上げたいと思います」って言ってて流石にハァ?となったドルポタキ。やってるアイドルさんは確かに増えてきたけど簡単ではな…

「海の声」のこと

「海の声」はリリースとしては「浦島太郎」名義だったわけで、今の学割シリーズでわかるあのような性格の乙姫に対して、あのような性癖の浦島太郎が心を込めて歌うラブソングがそれということであり、その点をを押さえて歌詞を改めて読んだり曲が披露されたC…

音楽大喜利のこと

TM「Get Wild」30周年作品に石野卓球「きちんとリミックスが出来て良かった」1991年の大阪梅田アムホール、その「RHYTHM RED BEAT BLACK (Version 300000000000) / TMN VS 電気GROOVE」リリース直後のライブのステージ上で、すごい勢いでTM NETWORKをディス…

四谷OUTBREAKの1週間住み込みギグのこと

東京有数のタガが外れたライブハウス、四谷OUTBREAKがまたおかしなことを始めました。 これまでも数々の奇行に及んでいる箱ではあるのですが、今回始めようとしているのは「1週間住み込みギグ」。 VAMPSとかが「籠城型ライブ」とか言ってZEPPを数週間にわた…

清水富美加とKANA-BOONとオザケンのこと

アイドルにスキャンダルが発生した場合、女子アイドルであればその男ファンは女子アイドル本人を叩きがちで、男子アイドルであればその女ファンは相手の女を叩きがちだという性差による行動差異がありますが、今回ロキノン系男子バンドということでどんな感…

JASRACが音楽教室から使用料を取ろうとしていること

音楽教室から使用料徴収へ JASRACが方針決定いやあ、かなり燃え上がっていますが、ざっくり言うとJASRACはクソだと思います。 まあ、今に始まった話ではないんですけど。では今回何故JASRAC急にこんなこと言い出したのか。 推測ですが、1年半ほど前に…

レーベル・事務所の繋がりでお金やノウハウが引き継がれること

1980年代半ば、VAPレーベル所属の菊池桃子が人気絶頂だった頃「最近の私のお気に入り」として自身のラジオ番組で流しまくった結果、認知が格段に上がりその後ヒットに至ったのが同じくVAP所属でプロデューサーも菊池桃子と同じだった杉山清貴&オメガトライ…

ベガーズグループの日本盤担当レーベルが決まったこと

BEATINK/DIS、来年1月よりベガーズ・グループの日本正規ディストリビューターに教えてもらった! もう次の引き取り手は決まっているんじゃないか。BEATINKはパッケージも比較的きちんと出すし、レーベル所属ミュージシャンの来日招聘も積極的なので当面は安…

HOSTESSからベガーズグループが離れたこと

ホステス・エンタテインメントがベガーズ・グループとの業務提携を解消この件忘れてた。これ、パッケージ派にはかなり危機感あるお知らせ。 先日、現在は個人レーベルからリリースをしているThe Divine ComedyとThe Wedding PresentのCDを購入しようとしたと…

VISUAL JAPAN SUMMITとスターダストのこと

仕事から帰ってきたら23時を回っていてもう紅白を弄る気力がない。 明日も早いのでとりあえず、グッズの事後通販を実施しようとした直前に緊急メンテで延期したまま1か月が過ぎても実施される気配なく、つまり実はVISUAL JAPAN SUMMITはまだ終わっていなかっ…

クラシックロックアワードの後始末のこと

クラシックロックアワード、返金対応来ました。相当にTEAM ROCK側から怒られたんでしょう。 ものすごい赤字が出て今期の収支がびっくりするくらいヤバくなって親会社から相当ぶっこんで何とかしなければいけなくなるのと、次年度以降のクラシックロックアワ…

クラシックロックアワードの続報のこと

クラシックロックアワードの件、続報。 昨日の通り月曜日の段階でKlab Entertainmentのサイトに謝罪文が上がりましたが、Classic Rock Awardsの世界的な主催であるTEAM ROCK側のサイト、こちらには本日になってジミー・ペイジにはもとより演奏の予定はなかっ…

クラシックロックアワードのこと

こんにちは。失敗フェスマニアです。 風邪引いて寝込んでいたので完全にクラシックロックアワードの件には乗り損ねました。大変に遺憾です。フェスじゃないけど。とりあえず、全然謝罪になってない謝罪が面白かったのですが、今回の企画元であるKlab Enterta…

映画「シング・ストリート」のこと

今日は周囲で観たヤツ本当に全員から「お前は絶対これを観ろ、そして死ね」と厳命されていた映画「シング・ストリート」、どうせ観るなら極音上映の立川シネマツーへ。本当に死にそうになった。 80年代に思春期を過ごし洋楽を聴き、少しでもバンドやってみた…

日本三大「本名っぽい呼び名とあだ名っぽい呼び名によるコンビ」のこと

日本三大「本名っぽい呼び名とあだ名っぽい呼び名によるコンビ」 1.チャゲ&飛鳥 2.タッキー&翼 3.ヒロシ&キーボー

生駒ちゃんが歌う「サイレント・マジョリティー」とかのこと

まとまり切らないことをいくつか。1. この間の月曜祝日は新宿までHONDALADYの20周年ライブを観に行ってまして、それは本当に素晴らしく、こんな暑苦しくてドメスティックな電子音楽他にないよなあと思いながら帰りに新宿三丁目で飲んでいたところ、FNSのあの…